平屋の一戸建てを立てる

平屋の一戸建てを立てる 平屋の一戸建ての一番のポイントは生活導線がスムーズなところです。
階段の上り下りがなく、体の負担が軽減されるところが一番の良いところです。
子どもたちが巣立ったあとに部屋を持て余している二階建てのおうちを平屋にリフォームするシニア世代も多いようです。
建物の規模が小さいので施工費用が安くすみますし、建物の重量が軽いので大地震などの被害も受けにくいです。
最近ではシニアだけではなく、若い夫婦が建設することも増えているようです。
マンションのような導線で生活ができるのですが、エレベーターや階段の上り下りはない上にマンションよりも天井を高くとることができるので解放感があり、快適に生活することができます。
平屋一戸建てをたてる場合には間取り計画をしっかりとしなければなりません。
特に、風通しと日当たりは大切です。
あまり壁を多く作ると風通しが悪くなりますし、例えば北側はあまり日差しが入らないので窓の大きさや位置を工夫することが必要になります。
西日のことや日当たりの良い南側をどうやって使うかなど、家の設置場所をどうするのかしっかりと考えていくことが必要です。
庭とのつながりも考えます。
昔からの住居スタイルがいままた見直されています。

平屋の一戸建てが人気

平屋の一戸建てが人気 平屋と聞くと、少し古臭いイメージを持つ人もいるかもしれませんが、最近は人気が急上昇しており、新築であえて平屋を建てる人もいるほどです。
平屋とは、一階建ての一戸建てのことです。
二階建て、三階建ての一軒家が多い中で、平屋建てはあまり見かけません。
昔は多かった平屋建てが少なくなったのは、一つには人口の増加によって土地の確保が難しくなったからです。
仮に建ぺい率50%の土地に100平米の生活空間を確保したいと思ったら、平屋建てなら200平米の土地を手に入れなければなりません。
しかし、二階建てにするとその半分である100平米の土地で済みます。
人口の増加に伴い土地の値段も上がっており、広大な土地を手に入れるには多くの資金が要ります。
少しでも安く、それでいて広々と住める一戸建てを手に入れるには、二階建てや三階建てが合理的、というわけです。
しかし、二階建て、三階建ては、土地こそ安くすることができるものの、今度は建築費のほうが高くつきます。
それだけの広さが必要であればまだしも、3~4人家族であれば、平屋建てでも充分、との考えが広まっています。
階段の上り下りがないので移動が楽、家族がコミュニケーションをとりやすい、などのメリットが見直され、年代に関わらず人気が出始めています。

一戸建て探しオススメリンク

文京区を中心とする都心部の売買物件

文京区 一戸建て